ベトナム

3月ベトナムに行ってきました。

ホーチミンシティーから飛行機で一時間+車で45分のニャチャンに5日間滞在しました。

日本人が少なくてリフレッシュ感満載でした。滞在中に見かけた日本人は1組みの女性だけでした。

滞在中に見た外国人はロシア、中国、韓国、アメリカ、カナダ。

はじめの二日間は、曇で気温が上がらずに肌ざむ感がありましたが、その後は28~29度と暖かく、日差しは強く日焼けしました。

海水温は冷たく海では泳げず、ドロ風呂+温水プールに行った日もありました。

 

2016.08 高野山に

夫婦で行ってきました。8時間程のゆったりとしたウォーキングといったところですね。お昼は精進料理を食べました。僕は2度目でしたが、とても楽しかったです。南無大師遍照金剛。

極楽橋駅ホーム

岐阜カミオカンデ旅行 2013.07

  • カミオカンデとは?
  • ジオスペース・アドベンチャーに参加しました。
    カミオカンデの見学の抽選に当たって、2013年7月13日大学時代の友人と二人で行きました。都会の蒸し暑い環境とは違って爽やかなで涼しい時間を過ごすことが出来ました。
    P1090038.jpg
    スーパーカミオカンデは、宇宙の暗黒物質を研究するための施設で世界中から研究者が来ているそうで、装置も稼働中でした。この見学では検出水槽の天井まで行くことが出来き興奮しました。
    画像の説明
    当日の朝、高岡公民館に集合して、バスで20分ほど走ると入口に到着。

画像の説明

入口は鉱山内から冷えた空気が出てくため、霧が発生しています。

画像の説明

内部は通年13℃くらいだそうです。

画像の説明

その霧の入口からマイクロバスで約1000m潜り込むのです。

画像の説明
途中切削に使う重機なども見学出来きます

画像の説明

途中の見学ポイントでは寸劇等もあり面白かったです。

画像の説明
更に進んで行くと、いよいよスーパーカミオカンデ入口に着きました。画像の説明

毛利さんのサインが有ります、

画像の説明

さらに進むと実験水槽の天井部です。
私たちの足の下は、光センサーだらけの巨大な超純水の水槽です。画像の説明
センサーは
画像の説明
ガラスで出来たお化け電球みたいな形をしていて、水槽内にビッシリと設置されてるそうです。

画像の説明
3時間も経つとお腹がすいてきます、洞窟の中のフードコートで、カレーを食べました。「おいしかった」そして「面白かった!」

画像の説明
見学終了後は、飛騨高山で一泊して次の日に街中を少し観光しました。市の条例で町中はカラフルな色使いは御法度だそうで、ファミマもご覧のとおり。

画像の説明
午後は下呂温泉でお風呂に入り、合掌作りを見学しました。画像の説明
「飛騨牛のホウバ味噌焼きは美味でした。」

画像の説明

いい思い出が出来ました。電車で帰路につきました。