お隣さんのショーケース

(2020.6.21)

お隣さんから、ショーケース作成依頼がありました。

この骨組みを利用して、作ります。それから、隣のご主人と共同作業で作成します。

(2020.6.29)

この日は、 お隣の旦那様と一緒に 板材をホームセンターに買いに行きました。

ほとんど、ホームセンターでカットしてきました。

(2020.07.11)

キャスターを付けます。

アルミの骨組みにある隙間に、その形に木を削って入れ、それに角材をビス止めしてキャスターを取り付けました。

陳列物が軽いので、キャスターはカワユイものにしました。

こんな感じです。

(2020.07.12)

本日の作業は、床板とケース下部ボックスの取り付けです。こんな感じです。

(2020.07.13)

下部ボックス部に化粧板を張りました。

下部ボックス部分がだいぶ出来てきました。

屋根。小さくて可愛い屋根を付けました。

(2020.07.19)

アクリル板が届いたので、扉、壁などを取り付けてみます。

向かって左側面と手前面にアクリル板が入ります。

この半透明の部分がアクリル板です。保護シートが付いていて、最後にはがします。

(2020.07.20)

本日は、棚板2枚、側板補強、裏板の補強、屋根材取り付けをしました。

左の茶色の保護シートがアクリルの棚板です。

(2020.07.23)

屋根の 破風 と 鼻隠し を付けました。

アクリルの保護シートを剥がして完成間近です。

ショウケースに作品が飾られました。シーズン毎にディスプレーを変えるそうです。

PC電源交換

(2020.4.28)

約10年使用したディスクトップPCの電源部を交換しました。

交換後です。これでもう少し使い込みたいと思います。無線の接続が出来ない状態です。アンテナを交換してみたりしたのですが、今ひとつです。

(2020.5.28)

昨夜久々に電源を入れたら、wifiに繋がっていたのでアップデートをやったら、その後調子よくネットに繋がっています。調子が戻ったのか?次の日やっぱり接続切れました。

PC自作

(2020.5.3)

5作目のPCの調子が悪くなってきています。10年使用しました。作成した時はWindows7で途中バージョンアップしてWindows10で使用しています。

調子の悪い所は、wi-fiへの接続が断続的で使い物にならない事です。充分働いてくれたのでネットに繋げない作業に使うことにしました。そして、6作目に着手することにしました。

ケースとマザーボード

追加ストレージ SSD 500G

メモリー 16G

OS用ストレージ M.2 500G

無線Wi-Fi キット

(2020.5.4)

本日到着したのは、

CPUクーラー

外付けブルーレイドライブ リライタブル

連休中に完成させたいのですが、CPUが遅れて、5月10日に到着しました。

CPUです。25年振りにAMD製を使います、初代作成時に使って以来二度目のAMDです。

ディスプレイです。

CPUはRyzen3400Gで、GPU機能内蔵のものです。添付のクーラーはサイズが大きいので、使えません。

ケース(マザーボード付き)、電源アダプター、クーラーファン、sataケーブル、取説等が入ってます。

ケースは、かなり小さいですね。この小ささは初めての経験です。

取説の順番に作業を進めます。プラモデルより簡単だと思います。

ビス四本緩めると、マザーボードが出てきました。

先ず、CPUを取付けると、こうなります。

CPUのクーラーは、これを使います。ケースやCPUの付属品のクーラーは使いません。今回のクーラーは特に薄っぺらいタイプを搭載することにしました。

オリジナルのクーラー用ブラケットとプレートは取り外します。CPUにグリースを塗って専用プレートとクーラーでマザーボードをサンドイッチするイメージです。手が二本しかないので写真は撮影できませんでした。

クーラー取り付け後はこんな感じです。直径9センチのファンです、マザーボードの小ささが際立ちます。

CPUとファンのロゴを貼ります。

これは、sataストレージのケーブルです。2本あります。

マザーボードの背面側に差し込みが在ります。

これはメモリー、8Gx2枚です。

このスロットに挿します。

これはwi-fiアンテナの基盤とケーブルです。ケーブルと基盤の接続に時間が掛かりました。ケーブルの先にある小さな四角のが基盤です。この状態にしてから、マザーボードに挿す手順がお勧めです。

更にマザーボードに挿してビス止めするのが、これまた一苦労でした。ビスがねじ込みにくくて、一番時間が掛かりました。(難所でした)

ビス止め完了。

アンテナ取付けブラケットを固定します。

OS用ストレージはwifiの上に挿し込みます。

差し込んだらwifi は隠れて見えなくなりました。

追加ストレージを取り付けました。もう一台増設が可能です。市場価格が手頃な値段になったら増設します。

組み立て時間は4時間でした。この後OSインストールとドライバーインストールをします。

次の日にOSをインストールし、6代目「BON6」の完成です。SSDのディスク0が初期化出来ていなかったので、パーティーションスタイルをMBRでフォーマットしました。

このPCは回転体はファンのみで、ストレージはSSD(非回転体)はスピードはかなり速い感触です。OSインストールは20分程度で完了しました。ちなみにOSもCDではなくUSBに入っていました。これも非回転ということで、この頃のPCは回転しないものがトレンドみたいです。

wi-fi スタンド

現在は無限wi-fiを使っています。以前使用していたwimaxは、2年縛り契約だったので今年の3月で解約しました。無限Wi-Fiは縛りなしなので契約することにしました。

「どんな時もwifi」がパンク騒ぎを起こしたので、かなり心配していてドキドキしながら使用していますが、今のところ普通に使えています。

さて、本日のDIYは木材の端材を使ってwi-fiスタンドを作ります。板をボンドで接着して、こんな感じのスタンドを考えました。

USBケーブルを固定する準備をして

板の間に配置して固定。

本体を差し込んで、完成です。