風呂ヒーター設置

我が家の風呂はタイル張りで容積が大きく広々としているのですが冬になると寒くてたまりません。寒い風呂は体に良くないのでヒーターを付けました。電気工事は私がしました。

電源装置(学校用)作成

これは学校のセスナ機用の外部電源装置です。電源部と差し込みプラグ、台車とコードリールはホームセンターで購入しました。

2等航空運行整備士コース用のセスナは2機あるので、2台作りました。

auto-JbYnSP.jpg
移動が楽で停止中はブレーキがかかる台車に載せて、屋根にはコードリールを備え付けました。
s-電源03
中は二階建てで、上に電源部 下にコード類を収納しています。

ヘリコプターをモーターで回す(学校)

R22というヘリコプターをモーターで回す改造をしてみました。2014年に改造したのですが、回転数が変えられる方が良いという意見があり、インバーターを使って変速出来るようにしました。
スロットルレバーを動かすことで、周波数80ヘルツから120ヘルツの回転が選べます。

岐阜カミオカンデ旅行 2013.07

  • カミオカンデとは?
  • ジオスペース・アドベンチャーに参加しました。
    カミオカンデの見学の抽選に当たって、2013年7月13日大学時代の友達と二人で行きました。都会の蒸し暑い環境とは違って爽やかなで涼しい時間を過ごすことが出来ました。
    P1090038.jpg
    スーパーカミオカンデは、宇宙の暗黒物質を研究するための施設で世界中から研究者が来ているそうで、装置も稼働中でした。この見学では検出水槽の天井まで行くことが出来き興奮しました。
    画像の説明
    当日の朝、高岡公民館に集合して、バスで20分ほど走ると鉱山入口に到着。

画像の説明

入口は鉱山内から冷えた空気が出てくため、白い湯気のように見えます。

画像の説明

内部は通年13℃くらいだそうです。

画像の説明

その湯気の入口からマイクロバスで約1000m潜り込むのです。

画像の説明
途中切削に使う重機なども見学出来きます

画像の説明

アルバイトの寸劇等もあり面白かったです。

画像の説明
進んで行くと、いよいよスーパーカミオカンデ入口に着きました。画像の説明

毛利さんのサインが有ります、

画像の説明

さらに進むと実験水槽の天井部です。
私たちの足の下は、光センサーだらけの巨大な超純水の水槽らしい。画像の説明
センサーは
画像の説明
ガラスで出来たお化け電球みたいな形をしていて、水槽内にビッシリと設置されてるそうです。

画像の説明
3時間も経つとお腹がすいてきます、洞窟の中のフードコートみたいな所で、カレーを食べました。「おいしかった。」「面白かった!」

画像の説明
見学終了後は、飛騨高山で一泊して次の日に街中を少し観光しました。市の条例で町中はカラフルな色使いは御法度だそうです。

画像の説明
午後は下呂温泉でお風呂に入り、合掌作りを見学しました。画像の説明
「飛騨牛のホウバ味噌焼きは美味でした。」

画像の説明

いい思い出が出来ました。電車で帰路につきました。

昭和基地に5回

南極昭和基地の越冬を5回しました。初回は海保時代に飛行機の整備士として、2回目と5回目は発電機担当、3回目と4回目は環境保全担当でした。2回目以降は自営(電気工事)の仕事を中断して行きました、南極の昭和基地は第二の故郷みたいな感覚です。

リアルタイム映像(6時間の時差があります。15時~21時ころ見ると明るい画面のはずです)