窓目隠しシート

透明の窓ガラスに目隠シートを貼りました。この柄が気に入って家中に貼ってます。貼り方は簡単で、ガラスを水で軽く濡らした状態でシートを貼ってゆきます。空気を追い出しながら貼ってゆきます。

隣のアパートから丸見えだったのでカーテンが開けられませんでしたが、もう大丈夫です。

  この柄が結構気に入ってます。

3F小屋裏点検口

3階の天井に点検口を付けました。

これで、3階の電気配線などのDIYがやり易くなったり、使用頻度の低い荷物の収納に役立てることが可能になります。

ビフォアアフターはこんな感じです。

 

先ず天井を四角に切ります。切った板は蓋に利用するので丁寧に切り取ります。

 

穴に枠を固定した後に、蓋に切り取った天井板を嵌め込めば完了です。1時間30分の作業でした。

小屋裏へアクセス可能になったので、テレビの配線工事をして、木材の切れっ端を使って収納エリアを作りダンボールを置きました。

外気温は25度位、曇りの天気に工事をしたのですが小屋裏は30度近い温度でした。このことから小屋裏収納には何でも収納出来る訳ではないという事が判ります。夏は50度冬は略外気と同じという環境ですので荷物の内容は吟味して収納しなければなりません。

地震

北海道胆振東部地震で被災された皆様、心よりお見舞い申し上げます。

台風21号

9月4日21号が強烈な風雨をもたらし、甚大な被害を残して行きました。

修理はDIYになると思います。

我が家の被害は、先ずTVアンテナが我が家と隣家の間に倒れてしまった。

次に、屋根材が剥がれ、もう一方の隣家との間に落ちました。早急に修理しないと雨が漏りますね。TVはアンテナは止めてCATVを考えています。

今日は台風の次の週の土曜日、時々雨の降る合間を使って屋根に登りました。屋根材の剥がれた場所と落下した部材が一致したので、応急的に再取り付けしました。屋根やさんに連絡したら31番目と言われ、秋雨による雨漏りが始まると困るのでDIYしました。

 

この倒れたアンテナも地上に降ろしました。アンテナは老朽化で倒れたら迷惑をかけるのでCATVも考えましたが、小さくて軽い板状のデザインアンテナをベランダ付近に付けようかと思い購入しました。マスプロ製U2SWLC3というものです。これなら外れても安心です。(写真無くてごめんなさい)

これは、壊れたトヨ(トユ)です。屋根材が剥がれ落ちたときに当たって割れたと推測します。必要な部材を買って来て修理しました。

引っ越し前の家もベランダの屋根が崩壊したので、撤去作業に行きました。

金属用丸鋸で60センチ程に切断、2時間でゴミ出し完了です。プラスチック製屋根板はゴミ出しに間に合いました。骨は環境局に電話してお願いしました。

今日は、頼んでいた大工さんが屋根修理に来てくれました。1時間程の作業でした。私の大急修理では次の強風には?マークでしたが、これで安心です。