壁の穴

壁にカウンターを取り外した跡の穴を塞ぎました。

カウンターをばらした時のボードを利用します。

クロスを穴より少し広くなるようにカットします。

左側の穴はキッチンシンクで隠れるのであえて補修しませんでした。

エアコンの穴の周りのボードが壊れていました。

ここも同じ手法で補修

 

補修に使うボードの切れっ端に多めにクロスを残しておくのがコツです。

この後蓋を付けて完成です。

 

床下点検口設置

給水と給湯の配管を改善するために、1階洗面所の床に点検口を取り付けました。

 床に穴を開ける。

 床の穴に枠を付ける。切り取った床板で蓋を作る。

蓋側に枠や取手を取り付けて完成です。素人の私で3時間の作業でした。 後日ここから入って、水、お湯、の配管を改造する予定です。

キッチンカウンターをL字からI字へ(連載中)

現在のL字を取り外しノコで切って、一直線のアイ(I)字にします。まず取り外し作業です。

こんなっ感じのL字です。

解体開始。カウンター部分をバラシます。

バラシ完了水道、ガスも切り離しました。この後の作業でこれを丸鋸で2箇所切断します。

一週間後切断の日です。

天板は緑のテープに沿ってステンレス用の丸鋸でカットして、横と底部を切るためのたてました。

底の部分をカット中。

要らないコーナー部を切リます。

コーナー部を除いて繋ぎ合わせて作業終了。広くなった気分です。この気分が大切ではないでしょうか?

これは、シンク用のお湯、水取り出し部です。フローリングが終わるまで、このままになります。

キッチンの排水管が接着されていない事が判り、その部分取り替えて修理しました。

先ず壁を開けて

不良箇所を取り外し

新しいフレキシブルパイプに交換して

今日はここまで、つづく。

 

キッチン給湯リモコン修理

キッチンリモコンが前住人時代からリモコンが不作動だったらしく1Fお風呂でリモコンでスイッチを入れてたということで引き渡されました。

調べた結果2Fから給湯器に行く電線が断線していました。断線部分を迂回させてやると復活しました。

15年振りに日の目を見たリモコンです。

トイレの換気扇

3階に増設するトイレの換気扇工事です。隣家の隙間が狭くハシゴが建てられないのでカッコいいフードを外から付けることが出来ないので、内側から塩ビ管(曲がり)を利用して取り付けました。これをやっておくと後の作業が楽に出来ます。

外はこんな感じ

室内側はこんな感じ。この部分に換気扇からのダクトをつなぐ。

つづく