ミニ南極通信

観測隊員名簿はこちら。(OB会サイト)調べ物をする時などに重宝。

(お詫び:以下掲載記事は記載漏れや記載忘れがあり、全ての情報を網羅していませんので予め了承ください。)

[31次隊]

  • 他界された方
  • 越冬メンバーでは、ドクターとターさん、小野さんです。
  • 佐野副隊長(2016)

toku04.jpg
生前のドクターと自慢のシュミレーターにて

auto-F6w1wk.jpg

ターさん墓参り、一ノ関にて(2015.07)。右端はお兄さん夫婦。

[44次隊]

  • 小島隊長2017年退官。
  • 2017年1月大阪でピカちゃんと飲みました。
    NIPRを辞め、職業訓練学校に通っています。3月卒業だそうです。
    南方の島に引っ越す計画があるようです。
  • JARE44しらせ研修

    44次の集いがありました。気象の江崎さんの音頭で15周年研修会を開催。私は欠席でしたが、写真を見ると懐かしい顔がニコニコして写っています。

    次の機会に参加したいと思います。

    [48次隊]

  • 2016.07 中島さん、オガドクと3人で難波で飲みました。

[50次隊]

  • 村上さん、杉山さん 結婚おめでとう御座います。(2017.9)

[52次隊]

  • 2016.7 長谷川シェフ(52次)は樋口隊長や梅津さんと一緒に57次で越冬。南極教室を大阪航空専門学校と実施しました。小学生ではないので気楽に趣向を凝らしてやってもらいました。
  • 市ちゃん(庶務)が結婚。おめでとうございます。

昭和基地に5回

南極昭和基地の越冬を5回しました。初回は海保時代に飛行機の整備士として、2回目と5回目は発電機担当、3回目と4回目は環境保全担当でした。2回目以降は自営(電気工事)の仕事を中断して行きました、南極の昭和基地は第二の故郷みたいな感覚です。

リアルタイム映像(6時間の時差があります。15時~21時ころ見ると明るい画面のはずです)

静電気

アンテナに発生する静電気(動画)です。

ブリザードの風(40~50メートル/秒)の風でVHFアンテナが帯電し無線機側の接続部で放電している映像です。この後あまりの恐ろしさにブリザードが終わるまでアンテナ線は接続しませんでした。

最後に写っているのは、通路の壁に高圧検電器を当てるとランプが光って反応した。通常高圧検電器は600V以上で反応する。日本の冬の静電気は3000V以上と言われてます。自動車の点火プラグが20000V位です。

私が一年間に修理、改造した記録です

内容まで掲載すると大変なので、表題のみを掲載します。

回数にして54回、1回あたりの日数は下調べ、材料集め、設計、作業、手直し等で平均4から5日くらいですね。他部門からの支援要請(緊急)やブリザード後の除雪(多頻度)があるので、作業は何時も同時進行します。

このビデオは発電機の周波数が一定しないトラブルです。これを正常に戻すには半年近く掛かりました。今だにハッキリとした原因が分かりません。