駐車場の床塗装とタイル張り(連載中)

駐車場のコンクリート床をアイボリーで塗装しました。

先ずは下処理のプライマーを右半分塗ります。

3日間で完了しました。初経験のカミさん担当でした。

更に両サイドにタイルを張ってみました。

タイルもカミさんの担当、これも初経験でしたがいい感じに進行中です。

少しづつ進行中。

完成しました。5/20

両サイドにフェンスを考えています。つづく

3Fトイレ、洗面増設と給排水など(連載中)

3階の便器が到着。

取説を見ながら排水穴を開け配管作業開始です。ここがトイレになります、壁は後日施工します。

壁下地を作り、洗面用の給排水を壁に出しました。

トイレの床はクッションフロアーを敷きます。

カットして

ボンドを塗って

貼りました。

壁を少し進めました。トイレの外側(見えてる面)に洗面が付きます。

トイレの壁裏にドルゴ通気弁を着けます。

ドルゴ通気弁とは、排水が流れる時に弁が開き空気が排水管へ入りその後は臭気が出てこないように弁が閉まるものです。ドルゴの上のダクトはトイレの換気用ダクトです。

 

2階の天井です、すなわち3階の床下。

3階のトイレから2階のクローゼットを縦に配管します。

2階の床上で外に出します。これで足場を組まなくても外側の工事が出来るのです。

外に出る所は脚立で作業可能です。いよいよ既設管に繋ぎます。

  

左の既設排水管に右の新設3Fトイレ排水間を合流させました。

内部排水管は遮音シートを巻いて防音します。

 

シートは黒色です。これで排水時の遮音が出来るそうです。

洗面器が到着したので、取り付け準備をします。

お湯、水、排水の位置を決めて固定し壁を張りました。

トイレの壁の部屋側に洗面を設置して、洗面のために1階に行かないで済むようにします。

壁に電気配線を行いました。私は電気工事士だったことを思い出した一日でした。

 

明り取りとニッチを設け、天井に換気扇も取り付けました。

 

今日はここまで、つづく。

給水配管(連載中)

給水配管を始めました。

床が開いている間に配管します。これは3階の洗面用です。

これはキッチンの給水配管です。止水栓を取り付けます。

取り付け完了。この後はシンクをセットするまで暫く待ちです。

給湯器に給水を配管接続しました。

給湯は部品待ちです。

 部品が来たので給湯配管を接続しました。電線類もコンクリートに埋まっているので、この配管と同じ所を通したいと思います。

各階の給水、給湯に止水栓を取り付けて新しい配管へ切り替えました。

床下点検口で作業です。腰が痛くなります。

 

 青は水 ↑赤はお湯です。

 

 

 

止水栓を着けたり、新旧配管の入れ替えをした後、

元栓を開けますが、チェック漏れが有りお風呂の床下が洪水になりました。急いでホームセンターに部品を買い出しに行き、何とか夕方に完了しました。

 

シャワートイレ取り付け

古いものを取り外し、すばやく清掃しました。ベース部分は同じメーカーで使えそうなので、そのまま使用することにしました。

家に在るシャワートイレを移設しました。

同じメーカーのシャワートイレのせいかアタッチメントが共通だったのでリモコン取り付けを含んで10分程で終了した。

 

床フローリングDIY(連載中)

リビングの床が一部沈んでいるので、レベルをチェックしました。

レーザーを使うと素人にも簡単にレベルチェックが出来ます。

数千円で売っているのですが、知り合いの先生にお借りしました。

緑のレーザー光は見易くて良いです。

スケールを当てて確認してゆき、その場所のレーザー光までの高さを床面に書きます。結果は、1.5平方メートルのエリアが5から10ミリ程沈んでいました。

部分的に板を剥がして根太にスペーサーを入れます。

次の日、沈んでいる部分だけ床を剥ぎました。

必要な厚みに調整した合板を根太の下に挿入して、レベル合わせ終了です。

下に見えているのは1階の車庫の天井です。車庫は外なので今見えている部分に断熱シートを入れることにしました。

駐車場の天井にも穴を開けて断熱材を順序良く並べます。

 

車庫の隅にはインターホン用の電線管を配管しました。

断熱材挿入と水、お湯、電気管の工事が終ったので、床を板を戻します。

 

これで安全に歩く事が出来ます。これで新しいフローリングを敷く作業が出来ます。つづく。